吹田市自然体験交流センターは、青少年に集団での生活を通じて自然と共生し、あらゆる生物のいのちの尊さを体感する場を提供するとともに、市民に自然を生かした生涯学習及び交流の場を提供し、青少年の社会性及び豊かな人間性を育むことを目的として設置された、日帰りまたは宿泊でレクリエーションや研修を実施することのできる研修施設です。
社会教育施設ですので、施設内へのアルコール持ち込み・飲酒、ならびに自然体験を目的としない素泊まり利用はできません。また、吹田市では全公共施設で敷地内禁煙となっています。なお、ご利用に際しては、団体であること及び概ね4人以上であること(家族利用の場合はご相談ください)と、宿泊は2週間前、日帰りは1週間前までのお手続きが必要です(当日の受付はできません)。

新型コロナウイルスへの対応について
令和3年12月1日以降、当施設は基本的な感染症対策(マスク・消毒・換気・検温など)を実施しながら、利用人数の制限を一部解除し運営を行っています。ご利用にあたっては新型コロナウイルス感染症拡大防止のためのご利用のお願い第11版を必ずご確認いただきますようお願いいたします。お手数をおかけしますがご協力のほどよろしくお願いいたします。
※【令和4年1月27日現在】当施設の運営状況についてはこちらをご確認ください。感染が急拡大しているため、今後さらに施設の受け入れ方法や主催事業の実施について変更が出る可能性があります。変更等が生じ次第ホームページに掲載いたします。

MENU
PAGE TOP